ドラマちっくな人生

まあまあドラマ好き。

【M~愛すべき人がいて~】上手なことだけに価値があるわけではないと信じたい

「M~愛すべき人がいて~」(テレ朝)の主人公・浜崎あゆみを演じる安斉かれんさんは、なんと演技初挑戦。異例の大抜擢となった。

 

初回の放送を見た人の中で、彼女の演技を上手いと思った人はあまりいないかも知れない。少なくとも私は、あまりのたどたどしさにビックリした。

 

でも、だからこそ、彼女を起用したことに価値があるとも思った。

 

売れて有名になりたいと願う「あゆ」。今でこそあの伝説的な、カリスマ性の高い姿しか思い浮かばないけれど、そんな彼女も普通の女の子からそのキャリアを始めたのだ。

 

安斉さんの演技は、上手さという点からはかけ離れたものであるかも知れない。でも、彼女から発せられる初々しさは、デビュー前の「あゆ」を見事に映し出しているのではないだろうか。

 

どこにでもいるような普通の女の子である部分と、磨けば光るカリスマ性を感じさせる部分。当時の「あゆ」の持つ二面性が、安斉さんの存在そのものから感じられる。

 

それは彼女が意図しているというよりも、演技初挑戦で、今しかない若さによる輝きを持つ彼女の存在そのものから発信されるものだと思う。

 

演技の上手下手は俳優にとって、確かに大事な要素だ。しかもインターネットが普及して、不特定多数の人が意見できる今の社会であれば、誰にでもわかりやすいその評価は瞬く間に広がってしまう。

 

ところが、このドラマ、そして彼女の演技を見て感じたのは、「上手」であることだけに価値があるわけではないということ。さらに「上手」なことだけに価値を置くだけでは、つまらないということ。

 

上手下手だけでの評価では、見出せない魅力が確かに存在する。

 

さらに演技初挑戦で年齢も若い彼女は、おそらくここから最終話に至るまでに、いろんなことをどんどん吸収して成長していくだろう。その姿がまた、「あゆ」の成長とも重なるだろう。

 

今この瞬間にしか感じられない魅力。

 

経験値や技術だけでは計り知れない魅力。

 

そしてこの先の可能性を感じさせる魅力。

 

その人がいるだけで発せられるこのような魅力は、確かに存在する。演技の上手い・下手だけで割り切ってはつまらない。もっとこのような魅力にも目を向けていこうではないか。

 

このドラマや安斉さんの演技を見た後、そのようなことを考えたのだった。 

【アリバイ崩し承ります】もっと悪い成田凌が見たかった!

何話目かは忘れてしまったが、最後のシーンで安田顕の背中を疑いを持って見つめる、成田凌の悪そうな表情がとても印象的だった。

 

何かが始まる予感をさせるぐらいの、いい表情だった。

 

このほのぼのとしたコミカルなドラマに、ピリッとした緊張感を与えてくれる何か―。そうゆうのを期待させられた。

 

例えば、トキノ(浜辺美波)にアリバイ崩しをしてもらっているという秘密を持つ安田顕と、その秘密を暴こうとする成田凌とのマジな攻防戦。

 

トキノのアリバイ崩しというこのドラマのテーマの裏で、秘密を暴こうと裏で画策する悪い成田凌の姿も同時進行で描いていく―。

 

これがあればもっとドラマがコミカルとシリアスというコントラストを持ち、面白くなったかも知れない。

 

トキノと安田顕演じる刑事との間の秘密が、このドラマのストーリーの軸になっている。絶対に守りたい秘密だ。

 

それがバレるか・バレないか、というハラハラする視点が、このドラマをもっと面白くする要素になっている。それをもっと効果的に使えたはずだとも思う。

 

成田凌は演技力も高く悪い役をやらせたら、いきいきしそうだし、このドラマで秘密を揺さぶる悪役として、もっと暴れて欲しかった。

 

浜辺美波と、安田顕をはじめとした人気も実力もある俳優陣で、そうゆう平和と悪の攻防戦があり、コミカルとシリアスのコントラストのある、メリハリのあるドラマが見たかった。もっと面白くなる可能性を秘めまくっていた。

 

だた原作があるドラマなので、その世界観を壊せないのかも知れない。

 

そしてこのほのぼのとした平和で、可愛らしい雰囲気がこのドラマのウリでもあったのだろう。コミカルな演出が細かくちりばめられていて、出演者全員の演技も上手で面白かった。

 

それでも、面白かったからこそ、これだけ人気と実力を兼ね備えている俳優陣が集まる中で、どこか勿体ない・・とちょっと思ってしまうのだった。

【ケイジとケンジ】東出のプライベートはドラマに影響を与えたか?

むしろプラスに働いていたかも知れない。

 

不倫は絶対にいけないことだし、許されることではない。杏さんが気の毒だとも思うし、どちらかと聞かれれば絶対に絶対に杏さんの味方です。

 

でも最高に面白いドラマだったと思う。

 

最初は強行犯係のメンツがちょっとしょぼすぎ?、とは思ってしまった。全体的に知らない出演者が多い印象で、期待外れかと思ってしまった。

 

でも、それは間違いだった。

 

桐谷さんをはじめ、登場人物一人一人、全員のキャラクターが立っていた。それゆえ、登場人物のどの組み合わせでもセリフのかけ合いが、小気味よく、笑いを誘うものとなっていた。

 

どの登場人物の組み合わせでも、会話がテンポよく面白く進み、もれなく面白いのだ。

 

刑事(桐谷さん)と検事(東出さん)のかけ合いはもちろんのこと、強行犯係のメンバーたちのやりとりも面白かった。今田美桜さんと磯村さん、桐谷さんと係長、ベテランのおじさんと桐谷さん、交番勤務のおじさんと桐谷さん。さらに地検のメンバーたち、東出さんの同僚たちもいい味を出していたし(渋谷さんは「知らなくてもいいコト」にも出演)、捜査一家のおじさんも徐々に面白さを増していた。さらには、ベテランのギバちゃんと風間さんのもう一つのコンビも面白かった。

 

これはキャストの方一人一人がドラマ全体の中の自分の役割を考え、さらに作り手側も、一人一人の登場人物を大事にしないと成し遂げられないことだと思う。

 

キャスト一人一人の力の総合力が、それ以上の効果を発揮していた。

 

個人的にはギバちゃんが出演しているせいか、桐谷さんの熱血漢が重なるのか、「踊る大捜査線」(フジテレビ)を彷彿とさせるものがあった。

 

ついでに、最終回で東出さんがギバちゃんに「ありがとうございます」と深々と頭下げたり、海を見つめながら「達成感があります」と目を細めてつぶやいたりするセリフには、切実なものを感じた。

 

東出さんは多くのものを失ったのかも知れない。それはよく分からないが、キャスト全員が作り上げたこの面白すぎるドラマの世界の一人であったことは間違いない。

【恋はつづくよどこまでも】ドラマにおけるリアリティとは何だろう?

面白いドラマには、何らかのリアリティが必要だと思っていた。

 

リアリティがあってこそ、現実の世界で生きる視聴者は、共感できるのだと。

 

ドラマ自体が作り物だから、すべてにリアリティを持たせるのは不可能だ。いやむしろ、作り物であるからこそ、どこかにリアリティを持たせないと共感を得られないし、面白くならないのではないかと思っていた。

 

例えば「相棒」(テレ朝)。こんな職権乱用する警察官がいたら、間違いなく即クビになるであろう。でも、警察や政界の内部事情に精通した不祥事や事件を描き、それがドラマにリアリティを与えている。

 

例えば「ロングバケーション」(フジテレビ)。カップルの設定としてはかっこよすぎるけど、登場人物のセリフや行動、心の揺れ動きがリアルに感じられ、人々の共感を呼んだ。

 

面白いドラマには何かしら、リアリティがある。

 

ところが「恋はつづくよどこまでも」(TBS)は、そういった意味でのリアリティがない。

 

非現実的な要素に満ちている。

 

こんな病院はすぐにつぶれてしまうだろうし、恋愛中心の主人公は現実の病院ではすぐにクビになってしまうだろう。そして、高校生の時に助けてくれたお医者さんに、ナースとしてそのお医者さんの勤める病院に就職し、しかも同じ循環器外科に配属され、さらには彼女になり婚約に至るなどということは、現実ではほぼあり得ないだろう。

 

このドラマを観ていて、職場恋愛に右往左往する登場人物たちに対して常に思っていたのは、「まず仕事しろ!!」ということ。そして、恋愛中心で皆が動くこの病院は大丈夫なのだろうか!?、さらに、こんな病院ありえない!!、ということだ。

 

でも「こんなのあり得ない!」という気持ちが、笑いに変わっていたのも事実だ。

  

少し前に、今をときめく橋本環奈さんが、「しゃべくり007」(日テレ)において恋愛映画の楽しみ方を出演者のおじさんたちにレクチャーする回があった。恋愛映画のあり得ないぐらいロマンティックな場面に、現実的なツッコミをするおじさんたちに対して、橋本環奈さんは、現実的になったら楽しめない、感情移入をすることが楽しむ秘訣である、という趣旨の発言をされていた。

 

この橋本環奈さんの発言が、大きなヒントになっていると思う。

 

ドラマは感情移入することができれば、楽しめるものになる。非現実的なことだとは頭のどこかでわかっていても、感情移入の強さがそれを上回れば、楽しむことができる。

 

視聴者はきっと一生懸命で健気で優しくて、でもおっとりとしてあり得ないぐらいドジな主人公に、感情移入せずにはいられなかっただろう。

 

さらにいい出来事・悪い出来事が交互に起きる、このドラマのジェットコースター的な展開も非現実的と分かっていながらも、引き付けられた。

 

このドラマにおけるリアリティとは、恋愛しているときの人々の心の動きを、視聴者に体感させたことだ。

 

あるいは、視聴者(特に女性)が心に持っている、こんなことがあったら・・・という願望に見事に寄り添っていたということ。

 

ドラマの設定(学生のときに出会い好きになったお医者さんと婚約)やあり得ない頻度で巻き起こる、仕事上やプライベート上のさまざまな出来事は、かなり非現実的。

 

でも恋愛をしているとき、特に恋愛の初期や、若い頃の恋愛などは、ささいなことに一喜一憂し、感情が乱高下するものではないだろうか。

 

そういった恋愛しているときの心の動きを、見事に視聴者に体感させていた。

 

その意味では、すごくリアリティにあるドラマだった。

ドラマ【知らなくていいコト】は吉高由里子の魅力を引き出せていたか?

吉高由里子さんと言えば、私自身も彼女も今よりずっと若かった頃、「時効警察」(テレ朝)にゲスト出演していたことを思い出す。

 

呼吸をするように自然な、でもどこか切なさがただようセリフの言い方がすごく印象に残っている。顔立ちはどちらかと言えば地味で見た目にそれほどインパクトはなかった(もちろんすごく可愛いけど)のに、10年以上経過したであろう今でも覚えているとは、よっぽど印象的だったのだと思う。

 

その後映画でヌードを披露したり、朝ドラなどにも出演し、今や定期的に主演を務める第一線の女優になっている。

 

その吉高由里子さんが出演した「知らなくていいコト」(日テレ)。

 

ものすごく「地味」なドラマだったと思う。画面から発せられるドラマ全体の色に、鮮やかさとか、みずみずしさと言ったものはまるで感じられなかった。

 

吉高さんの衣装も地味。ヒロインの相手もイケメンでセクシーなのかも知れないけど、かなり地味顔。週刊誌の編集をしている出版社が舞台になっているので、登場人物たちの背景も、書類やらなにやらに埋もれてかなり殺伐としていた。

 

本来トリスハイボールのCMで見られるような、笑顔とか明るさが彼女の魅力の一つなのだとは思うが、今回のドラマではそれも封印されていた。

 

いつもダボっとした、暗い色の服を着て、男性だらけの職場で働く主人公は、生い立ちも複雑でちょっと影の感じられるキャラクター。おまけに交際相手は既婚者。

 

そんな主人公を吉高さんが演じる姿に最初は違和感があった。彼女の明るさも生かせていないし、暗い色彩に溢れるドラマに、似合っていない気がした。

 

でも見ているうちにこのドラマから発せられる、どこか暗さのある、クールな大人な雰囲気がくせになってきた。

 

そしてこの殺伐とした職場や、トラブルだらけの人間関係という救いのない設定の中で、右往左往する主人公、という今の時代暗くて見てらんない、と思ってしまいそうなこのドラマを魅せることができたのは、まぎれもなく吉高さんが主人公を演じていたことが大きいと思う。

 

他の女優だったら、ここまで自然にならなかったと思うのだ。男だらけで、人の秘密を暴くというシビアな職場である出版社で、しかも罪悪感の感じられないような設定の不倫をする主人公が。

 

それは吉高さんの持つ、そして吉高さんがこのドラマのために作った、バランスの良さにあると思う。女らしすぎてもいけないし、かと言って仕事に没頭する女を忘れたような男勝りが過ぎてもよくない。

 

演者としての自分の美しさや演技の上手さを見せつけるような押し付けがましさがあれば、このドラマの淡々とした雰囲気は出せかったと思うのだ。

 

内なる自分の意志で仕事を忠実に行い、なおかつ内なる自分の意志で心の底から好きな人と付き合う。でも、それを貫くことを選ばなかった主人公。

 

女であることを否定も肯定もせず、自分の意志に忠実に淡々と生きる主人公。

 

そんな女性を淡々と涼やかに演じられた吉高さんの姿。そのすごさは分かりにくいかもしれないが、このドラマのクールで大人なイメージに大いに貢献していたと思う。

 

女性としての魅力はもちろんのこと、作品や周りとのバランスを考えて演じられる女優としての頭の良さみたいなものもよく分かった。

 

この雰囲気は、吉高由里子さんじゃないと作れなかった。女優としての新しい一面を見せてくれて、楽しませてくれた吉高さんありがとう。