ドラマちっくな人生

まあまあドラマ好き。

【M~愛すべき人がいて~】上手なことだけに価値があるわけではないと信じたい

「M~愛すべき人がいて~」(テレ朝)の主人公・浜崎あゆみを演じる安斉かれんさんは、なんと演技初挑戦。異例の大抜擢となった。 初回の放送を見た人の中で、彼女の演技を上手いと思った人はあまりいないかも知れない。少なくとも私は、あまりのたどたどし…

【アリバイ崩し承ります】もっと悪い成田凌が見たかった!

何話目かは忘れてしまったが、最後のシーンで安田顕の背中を疑いを持って見つめる、成田凌の悪そうな表情がとても印象的だった。 何かが始まる予感をさせるぐらいの、いい表情だった。 このほのぼのとしたコミカルなドラマに、ピリッとした緊張感を与えてく…

【ケイジとケンジ】東出のプライベートはドラマに影響を与えたか?

むしろプラスに働いていたかも知れない。 不倫は絶対にいけないことだし、許されることではない。杏さんが気の毒だとも思うし、どちらかと聞かれれば絶対に絶対に杏さんの味方です。 でも最高に面白いドラマだったと思う。 最初は強行犯係のメンツがちょっと…

【恋はつづくよどこまでも】ドラマにおけるリアリティとは何だろう?

面白いドラマには、何らかのリアリティが必要だと思っていた。 リアリティがあってこそ、現実の世界で生きる視聴者は、共感できるのだと。 ドラマ自体が作り物だから、すべてにリアリティを持たせるのは不可能だ。いやむしろ、作り物であるからこそ、どこか…

ドラマ【知らなくていいコト】は吉高由里子の魅力を引き出せていたか?

吉高由里子さんと言えば、私自身も彼女も今よりずっと若かった頃、「時効警察」(テレ朝)にゲスト出演していたことを思い出す。 呼吸をするように自然な、でもどこか切なさがただようセリフの言い方がすごく印象に残っている。顔立ちはどちらかと言えば地味…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(12)

「プリティ・リトル・ライアーズ」にいまだにドはまりしているわたしです。 今回も心に響いたセリフを紹介します。 ❤「嫌いな人との付き合い方」を教えてくれる、大人の女・アシュリーのこのセリフ❤ Ashley:Look...Hanna... I'm not exactly looking forward…

【ガキの使い】メンバーをSMAPに例えてみた

ダウンタウンはわたしの世代ど真ん中で第一線を走り続けるお笑いコンビです。 彼らの番組の中で一番好きなのが、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日テレ)です。 松ちゃんが企画しているだけあって、斬新でほかにはないような内容。ゴールデ…

おすすめ海外ドラマ【リゾーリ&アイルズ】見どころは友情ではなく、美しく男前なヒロイン・ジェーン

【女性が主人公の海外ドラマ】が大好きなわたしです。 (好きな海外ドラマ:「アリーマイラブ」「デスパレートな妻たち」「デビアスなメイドたち」「プリティ・リトル・ライアーズ」「リベンジ」「デビアスなメイドたち」) 今回また女性が主人公の面白いド…

おすすめ海外ドラマ【reven8e(リベンジ)】スタイリッシュでストイックなヒロインに魅せられて

「女性が主人公の海外ドラマ」が好きなワタシです。 (好きな海外ドラマ:「アリーmyラブ」「私はラブリーガル」「プリティ・リトル・ライアーズ」「デスパレートな妻たち」「デビアスなメイドたち」) アマゾンプライムにて【reven8e】(リベンジ)を観終…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(11)

♡「プリティ・リトル・ライアーズ」♡ファンのわたしです。 今回もこのドラマを観ていて、「いい!!」と思った好きなセリフを書いていきたいと思います。 PLLの好きなセリフ:大人な女性・アシュリー様が元夫にトドメを刺した、このセリフ ~このセリフが話…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(10)

「プリティ・リトル・ライアーズ」ファンのわたしです。 今回は前回に引き続き、♡熱すぎるエミリーのパパ・ウェイン♡のセリフを書き綴りたいと思います!! PLLの好きなセリフ:窮地に立たされた娘・エミリーを救ったウェインのこのセリフ 前回と同じシーズ…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(9)

「プリティ・リトル・ライアーズ」ファンのわたしです。 このドラマでは、親子や家族との関係性もたくさん描かれています。というか、それがこのドラマをややこしくしている大きな要素でもあります。 今回は親子愛が感じられるセリフを選んでみました。 PLL…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(8)

「プリティ・リトル・ライアーズ」ファンのわたしです。 様々なキャラクターが、たくさん出てくるのもこのドラマの面白いところです。 今回は脇役の中から、好きなセリフを見つけました。 PLLの好きなセリフ:ネガティブ過ぎるオタッキー・ルーカスの被害妄…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(7)

「プリティ・リトル・ライアーズ」大好きなわたしです。 順番が前後してしまいますが、シーズン2の第2話「別れのとき」から好きなセリフを引用したいと思います。 PLLの好きなセリフ:アリアがスペンサーに言った、高校生とは思えない精神年齢を感じさせる…

それでもなお【便秘】と戦うあなたに【「ためしてガッテン」をもう一度試してみた】

これまで便秘改善をライフワークとし、ブログにも書いてきたわたしです。 生まれつき(?)便秘体質で、改善策を見つけてそれを改善し、それでもまた便秘になってしまう。またしばらく悪戦苦闘して、また改善して、そしてまた便秘に・・・というのを繰り返し…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(6)

「プリティ・リトル・ライアーズ」大好きなわたしです。 今日も、好きなセリフを書き綴りたいと思います。 シーズン2、第3話「トラブルメーカー」からの引用です♪ PLLの好きなセリフ:ジェンナが語った、文学的で美し過ぎるこのセリフ (状況)ホリス大学…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(5)

「プリティ・リトル・ライアーズ」ファンのわたしです。 さまざまな観点から、好きなセリフを書き綴っています。 今回もシーズン1からの引用です。 PLLの好きなセリフ:転校生・ケイレブの意味不明だけど、大人~なセリフ シーズン1、第14話「いけない願…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(4)

「プリティ・リトル・ライアーズ」ファンのわたしです。 今回もシーズン1から、好きなセリフを引用します。 PLLの好きなセリフ:アリアとマイクの兄弟の会話から シーズン1、第13話「仮面の敵意」からの引用です。 自分の秘密を握られ、敵視している同級…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(3)

「プリティ・リトル・ライアーズ」ファンのわたしです。 前回までシーズン2のセリフを引用していたので、時系列がおかしくなってしまいますが、今回はさかのぼってシーズン1からのセリフを引用します。 PLLの好きなセリフ:プロム(学園祭)でつけるイヤリ…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました(2)

「プリティ・リトル・ライアーズ」大好きなわたしです。 早速好きなセリフについて書いていきたいと思います♪ PLLの好きなセリフ:ハンナに言ったアシュリー様のお言葉 シーズン2、第3話「トラブルメーカー」からの引用です。 事件のことを心配したハンナ…

【プリティ・リトル・ライアーズ】好きなセリフを書いてみました

「プリティ・リトル・ライアーズ」大好きなわたしです。 海外ドラマの魅力の一つが、「セリフ」だと思います。 日本ではあまりない、ユーモアを交えた率直な物言いが大好きです。また、人生の教訓にしたいような言葉もたくさん出てきます。 それは翻訳された…

【あの人とこの人が一緒!?】意外性のある「プリティ・リトル・ライアーズ」の吹き替え声優さん

海外ドラマ好きのわたしです。 海外ドラマの魅力の一つに、「声優さんの魅力的な吹き替え」があると思います。 勉強のためには「英語」のまま観たほうがいいのは分かっているのですが、あの吹き替え独特の話し方が聞きたくてついつい音声切り替えして「日本…

年末年始の負の遺産【便秘】を解消した意外なこと

便秘解消をライフワークとするわたしです。 年末年始の暴飲暴食・不規則な生活がたたりにたたって、久しぶりに頑固な便秘に陥ってしまいました。 これまで便秘を解消してきたさまざまなことを試せば、すぐに解消するだろうとたかをくくっていました。 ところ…

ブルゾンちえみさんに捧げる「傾向と対策」

2018年を振り返ってみて、見過ごせないことがある。 ブルゾンちえみさんの勢いがなくなりつつある、という危機的状況だ。 2017年の「おもしろ荘」で残した鮮烈な印象、人気の勢いは今ではなりを潜めつつあるように思うのはわたしだけだろうか。 当時…

【デスパレートな妻たち②】母親でもない妻でもない時間が即、罪になるのか?

「デスパレートな妻たち」シーズン3を視聴中。 ここまで観てきて、「いい女レベル」が最も高いと思う主人公がリネットです。 それはわたしが女だから、そう思うのかも知れません。 男だったら素晴らしい美貌と気高さを持つガブリエルや、明るくてほうってお…

【相棒】冠城亘に感じる違和感の正体

「相棒」が好きなわたしです。 2時間ドラマから始まった「相棒」。 その相棒をシーズン7まで務めた亀山。 その電撃降板からまったく新しいタイプの相棒として登場し、期待に応えてくれた神戸。 さらに意外なタイプの相棒として登場した甲斐。 この「相棒」…

【Pretty Little Liars】と【デスパレートな妻たち】の違い

最近「Pretty Little Liars」のインスタを見つけた。 www.instagram.com 今でも更新されていて、来年オンエアされるスピンオフの情報やドラマ本編の動画や画像が見られる。 ここでしか見られないような、出演者たちのキメショットも載っている。 ドラマを思…

不覚にも【便秘】になってしまった時やってみること

食事や水分補給、睡眠、運動(ヨガ)など、いろいろ気を付けて日々便秘を防いで生きているわたしです。 それでも日々心掛けていても、どうしてもなってしまうことがあるんですよね・・・。 そうなるともうお腹が重くなって、ひいては体全体が重くなって、集…

【デスパレートな妻たち】主人公5人好きな順

いまさらながら「デスパレートな妻たち」を見始めたわたしです。 実はこのドラマ、1回観て挫折した過去がありました。 DVD1枚目で挫折しました。その理由というのも、映像が古くてトレンド感がなかったから・・・。 でも「プリティ・リトル・ライアーズ」を…

「プリティ・リトル・ライアーズ」日本人版キャストを妄想する~ママ編~

「プリティ・リトル・ライアーズ」の好きなところのひとつは、家族愛、特に母親と娘との関係性が描かれているところです。 自分の恋愛について打ち明けたり喧嘩したり、ときには友達のように仲が良かったりと素敵です。 それぞれの母親のキャラクターが娘で…