シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

夜の街 東京

テレビドラマとかでよく見かける、

建物の高層階からの見える東京の夜景(TOKYO Night view)。

地方出身の私はいい年してまだその風景にあこがれを持っている。

東京へ旅行したことは何度かあるし、

ホテルから実際夜景を見たこともある。

本物の東京の夜景も綺麗だったと思う

でも、やっぱりここで生活を、人生を

送っている人にしか味わえない空気があると、

私には感じる。

真っ暗な空を背景に、

無機質な高いビルが立ち並ぶ中、

窓から漏れる電気やら街灯やらの点々とした光が散りばめられている、

その間をたくさんの車のライト

が走っていく。

眠らない街東京。

そこが帰る場所である人は、

毎日どんな気持ちでそこを歩くのだろうか。

どんな気持ちで、空を見上げるのだろうか。

ほかの街ではなく、日本の首都東京でしか

味わえない空気があると、私には感じる。

仕事で疲れて、人生に疲れて、

何もかもどうでもいいようなときも、

その背景には東京の夜景があって、

その中に自分が存在している。

その客観的事実。

なんか、いいな、って思う。

 

どうしてそう思うのか考えた。

東京の夜景に何を見ているのか。

眠らない街東京の夜景に、

何を感じるのか。

夜の番人たち昼の番人たちと

同じくらい存在していて、

本当に街が眠らないからだと思う。

だから一人じゃない、

孤独にならない街なんだと思う。

実際孤独だよって、

そんな人いっぱいいると思うけど。

でもいろんな人がいて、

いろんな生き方があって、

孤独なのも自分だけじゃない。

そのことを東京の夜景が

教えてくれてるんじゃないか。

そこを歩いている人々でもなく、

町の風景でもなく、

東京の夜景が、

静かに、

でも硬質な感触を持って、

私に語り掛けてくる。

揺るがない街、

東京。