シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

Early to bed and early to rise

自分の生活に対する最近の反省を踏まえ、

自己嫌悪と戦いながらも、一つずつ改善を試みる。

 

この自己嫌悪との戦い、は結構やっかいなものだ。

はた目から見ればたいしたことがなくても。

ちょっとした本当にささいな自己嫌悪が、

長期的な引きこもりや深い気分の落ち込み

につながることも多いのではないか。

今の私の自己嫌悪というのは、

社会から逸脱している(と思っている)自分に対するものだ。

自分は社会の中で逸脱した存在である、

マイノリティーである、

おかしな、ヤバイ存在である。

今自分はそんな意識を持っている。

人がそんな意識を持ってしまったとき、

何もできなくなるのはなぜか?、

そしてどうすればいいか?について、

思案してみた。

 

自分の場合・・・

 

基本的なこと(仕事とか家事とか日常生活を構成するもの)を怠ける、

→こんなこともできない自分に自己嫌悪、自分は社会的に無価値だと思う、

→自分には何もする価値がないと思う、(例えば病院で治療受けたり、外食、買い物とか)

→自分をケアしたり、好きなことをしなくなる、してはいけないと思う、むしろ何もしなくなる、

→考えること・思うこと・感じることすら放棄、さらに他人に対して言葉を発することすら放棄、

→消えたくなる・他人の前に姿をさらしたくなくなる。

 

・・・というループに陥る傾向がある。

 

ほんのささいなことがきっかけで人は自己嫌悪に陥り、

簡単に日常生活の基本的なことしかできない状態、

日常生活の基本的なことすらできない状態、

に陥ることができるのだと思う。

その時、そんな自分をまずいと思う、

社会の中で浮いた存在に思える(自己評価が低い状態)、

このままではだめだと思う。(思わない人もいるだろう)

そのあとどうするか。

二通り考えられる。

 

まずいと思っていて、なおかつ前に進みたいのに、そこから抜け出せなくなり何もできなくなるケース。

(例:引きこもりや、長く深い落胆状態)

まずいと思っても気にせとめず、自分のしたいようにするケース。(いつの間にか前に進んでる)

(問題視しない)

 

私が考えたいのは前者のケースだ。

推論でしかないが、

前者の場合、まずいと思っている罪悪感が強ければ強いほど、

恐怖が強ければ強いほど、ドツボにはまってしまうような気がする。

「このままではいけない、何とかしなければいけない」(*_*)

そんな真面目な切迫感が強いほど、

プレッシャーを感じてしまう、

そしてそこから逃げたい気持ちになる。

不安な気持ちのために、この先を楽観視できないので、

ますます前向きに取り組んだり、

頑張ることができなくなる。

自分に対する評価を下げたくないので、

とりあえず動いてみることもだんだんできなくなる。

動けなくなる、ますますこのままではいけないと思う、

自己嫌悪に陥る、

プレッシャーはどんどん強くなる。

(真面目で自分についてまた社会についてよく観察している人

ほどこういった傾向があるのかもしれない。)

 

悪循環のループから抜け出せなくなる。

 

ここから抜け出すには、どうすればいいか?

 

これも提案でしかないが、

自分の意識レベルでできる対策としては、

★自分で自分を許し、見守ること(^^)★が必要なのではないだろうか。

こんな子供でもできる簡単なことしかできない自分を

受け入れること。そしてできることから始めていくこと。

案外時間もかかるし、恥ずかしい気持ちになるかも知れない。

でもそのゆっくりとした時間の中で、

自分だけは自分を見守ること

決して見放さないこと

自分のやるべきこと(日常生活のどんなささいなことでも)を

一つ一つクリアしていくこと。

そのクリアしたことを増やして、一つ一つ進んでいくこと。

そんな意識の持ち方で自分を立て直していけばいいと思う。

(言うのは簡単だけど)

  

 

とりあえず早寝早起きから徹底して実行することとした。

 

 ☆早寝早起きのためにすること☆

 ・朝7時に起きて朝日を浴びる

 ・PCなどは21時まで

 ・16時以降カフェイン摂取しない

 ・毎日ウォーキング・ヨガをする(運動不足だと肉体的疲労が足りず眠れない)

 ・眠れなくても自分を責めない

 ・むやみに昼寝しない