シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

便秘を解消できると体感したもの ~食べ物編~

私は便が硬くなって便秘になってしまいがちな体質です。一回便秘に陥ると、なかなか解消できなくなることもあります。

 

また、便秘は解消されても、便の量や質があまりよくなく、お腹がすっきりしない・・・ということもよくあります。

便秘を含めこうゆう状態だと、本当に憂鬱になるものです。

 

そんな私が自分の体で体感した、便秘を解消できたものをメモしておきました。

一般的にはいいと言われるものでも、効果がなかったりすることはありませんか?

 

 例えば、腸内環境の改善にはヨーグルトがいいと言われていますよね。ヨーグルトが腸内環境を整えるというのはそのとおりなのだと思うのですが、私の便秘には効果がないんですよね。これも体質によるものなのでしょうか。

 

私が便秘が解消された!と思う食べ物4つ、について書いていきます。

 

1.しらたき

 

しらたきなどのこんにゃく類はお腹の中を掃除してくれると言われてますよね。その中でもしらたきはスープにしたり、煮物やお鍋に入れたりと使いやすいと思います。

私は、

100g入りのしらたきをスープにして、一度で食べ切ります。

これは即効性がありました!1~2日後には効果がありました!!

人生の長い間便秘と戦っている私にとって、驚きの発見でした。それ以来、100gの白滝を常備して、調子の悪い時に食べるようにしています。

以前も書きましたが、しらたきを使ったスープのレシピは「出る。効く。カラダが変わる、おいしいスープ」(藤井恵、新出版社)を参考にしています。

キムチチゲ風、食欲がないときでも食べられるあっさり味のスープなど、おいしいですよ!)

 

2.長いも

 

夏になるとネバネバした食材を食べたくなりますが、長いももその一つですよね。私はあまりすきではなかったのですが、夫が好きで冷蔵庫に余っていたんです。

もったいないので毎日すりおろしてとろろにして食べていたところ・・・あれ?なんか調子いい!、ということに気が付きました。

食生活を振り返ったところ、この長いものおかげだ!!ということに気が付いたんです。

即効性はないかも知れませんが、食べ続けることで効果がありました

調べてみたところ、長いもには水溶性食物繊維も、不溶性食物繊維もどちらも含まれているようです。(どちらも便秘を改善するには必要な食物繊維です)。そして胃を保護する働きもあるみたいなので、胃腸の弱いかたにもおすすめです。さらに肌にもいいみたいです。体感としては、肌のハリがよくなったような気がします。

しかもすりおろしただけでおかず1品完成しちゃいます(笑)

 

3.わかめ

 

海藻も食物繊維が豊富だと言われていますよね。一番身近な海藻はわかめです。みそ汁に入れるのが一番ポピュラーだと思います。

が、私が効果を実感したのはみそ汁に入っている量よりも、少し多めに食べたときです。お茶碗くらいの大きさの食器いっぱいぐらいのわかめを食べたとき、翌日に効果がありました。

そしてここがたいせつなのですが、そのとき、よくかんで食べるようにしました。私の体感として、わかめは消化に時間がかかる食材だと思います。なのでよく噛んで、胃腸の消化する負担を和らげてあげましょう。

 

4.水

 

一番最後に一番シンプルなものです。

私は便が硬くなりやすいのですが、便秘を解消するのに水は不可欠と体感しています。たぶん便を柔らかくする効果があるんじゃないかな~と。

そして水を意識的にとったほうがいいときがあります。

焼肉やステーキなどを食べた後、特に便秘になりやすいのですが、このようなときは水を沢山とったほうがいいと思います。

また女性はホルモンの関係で生理前の2週間くらいは、便秘になりやすいようです。この時期も意識的に水をとったほうがいいと思います。

私はコーヒーが大好きなのでよく飲むのですが、コーヒーはここでいう水分補給には該当しません。ほかにも緑茶や紅茶などもあまり効果が感じられませんでした。

 

やはり便秘における水分補給として効果がある飲み物は、です。

なので、コーヒーなどの好きな飲み物を飲みつつも、それとは別に水分補給は水でする、というスタンスにしています。

 しかも一気に沢山とるのではなく、1日の中で少しずつ、水分補給するイメージです。1日でコップ6杯以上は飲んでいると思います。

 

 

・・・以上自分が体感した食材4つについてでした。

 

もちろんこの食材ばかり取ればいいというものではなく、いろいろな食材をバランスよくとることもたいせつなことだと思っています。

そして、やはり基本的には自炊するということも大切だと思います。私は外食があたりまえになっていた時期があるのですが、便通はすこぶる悪かったです。

さらに、便の状態はどうか?何を食べたのか?最近自分は運動しているか?、など自分の体に関心を持つ姿勢を持てば、自分に合う食べ物や行動も見つかりやすくなると思っています。

便秘の解消に取り組むことは、自分の体に対する愛情でもあります。

私は最近になってやっと納得のいく結果(笑)が得られることもあります。

そんなとき、すっきりしたお腹を目の当たりにしたり、吹き出物や顔色が解消されたりすると、気分が晴れやかになって日常生活のモチベーションも上がってきます。それは何物にも代えがたい幸せな気持ちです。

 

便秘を撃退すれば、誰もがもっと快適で楽しい日常生活を送れると信じています!

読んでいただきありがとうございました。