シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

【デキる女の代名詞・大門未知子】「ドクターX~外科医・大門未知子~」

「ドクターX~外科医・大門未知子~」テレビ朝日)というドラマをご存知ですよね。

 

スゴ腕の外科医・大門未知子が病院の権力者と戦いながら、並外れた技術で手術を成功させていく姿を描いた作品です。

 

このドラマは人気脚本家・中園ミホさんの作品です。かっこいいセリフや権力者による圧力に負けない姿など、中園さんの作品には励まされることが多いです。

 

大門未知子はわずと知れたお茶の間の人気者(笑)ですが、現代においてなぜこんなに人気があるのでしょうか。

f:id:missinglightblue:20180923193703j:plain

 

・魅力1 立場が弱いのに権力に屈しないこと

 

 

 まず、大門未知子には敵がいっぱいいます。彼女はフリーランスの外科医」なので、神原名医紹介所からいろんな病院に派遣され働くことになります。派遣のお医者さんなので、派遣先の病院ではなんとなく肩身が狭いはずです。さらにフリーランスであるために、病院の名前がかかったような大きな手術をさせてもらえなかったり、院長や同僚に常にのけ者にされ嫌みを言われます。

 

 ですが大門未知子はそんなことまったく気にも止めないんです。むしろ自分の勤務条件を提示・交渉し、できないことはできないとはっきりと主張する。めちゃめちゃ態度がデカいんですよね。そして外科医とは思えないファッション(笑)。ネオンカラーの服やミニスカート、ホットパンツ等、常に派手な服装です。

 

 これって現実の世界ではなかなか難しいことです。

 自分が職場で同じようなことができるかと言われればできないですよね(笑)

 この「権力や周りからの嫌がらせ・圧力に屈しず自分を貫く姿」が見る側の心にある「ほんとうはこうしたい、やってみたい」という気持ちと重なり、かっこいいと思わせるんだと思います。

 

 

・魅力2 自分の使命への忠誠心

 

 

 さらに大門未知子が派遣された病院の医師たちは、名誉や権力を得たり、上司に気に入られたり、失敗を回避することばかり常に考えています。自分の身を守ることしか考えていないんです。でもこれって、普通のことだと思うのです。自分の上司や先輩に気に入られたほうがいいし、失敗しそうな大きな仕事は避けたいし、身の安全を確保したいですよね。

 でも、大門 未知子だけは違います。彼女は自分の身を守ることなど一切考えてません。オペが好きなのです。オペで患者さんを救いたいのです。その強い思いで外科医をしています。だから自分にとってどんなに嫌な相手の手術でも引き受け、成功させてしまいます。そして外科医としての技術は「私、失敗しないので」の言葉どおり完璧です。

 どんなに態度がデカくても口が悪くても「保身に走らず忠実なかつ完璧な仕事をする姿」に、桁はずれのプロフェッショナルを感じます。普段は口も態度も悪い大門未知子のそんな姿に見る側は心を打たれるのだと思います。そして普段態度が悪い人が、仕事だけは完璧にデキるなんてかっこ良すぎます(笑)態度が悪くても誰も何も言えなくなりますよね。

 

 

以上、大門未知子の魅力を勝手に考えてみました。

現実ではしたくてもできないことを、堂々とやってのけるその姿が見る側の心を引き付けるのだと思います。

この大門未知子というキャラクターは、働く人にとって憧れる要素をたくさん持っています。そして、米倉涼子さんだからこそ演じられるハマり役だと思います。

ちなみにシーズン1~2が特に面白いです。