シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

コーヒータイムがもたらすもの

いつの間にかコーヒーが好きになっていたけど、それはいつからだろう?

 

高校生・大学生の頃はコーヒーを好んで飲むことはなかった。美味しいとも、飲みたいとも思ってなかった。

 

社会人になってから職場の近くにドトールサンマルクなどのコーヒーショップがあったので、お昼休みに通ううちにだんだん飲むようになってきた。

そしていつの間にかおいしいと感じ、コーヒーを飲もう、と思えるようになってきた。

 

異性に例えると、「あの人かっこいい!!」と強く思って自分のやり方でぐいぐい距離を詰めていった、というより、

自然と出会い仲良くなって、いつの間にか日常生活に溶け込まれていた、という感じ。

 

そして不思議とコーヒーを飲む時間は特別なものになる。

仕事や勉強をしながら飲むスタイルもある。わたしは朝、なにもせずに一人静かに家やカフェで飲むコーヒーが好き。コーヒーが好きなのか、コーヒーを飲む時間が好きなのか。あの黒くて苦く、熱い液体をすすり始めると、特別な時間が始まる気がする。不思議な飲み物だ。

 

コーヒーと言えばカフェインの強さで知られている。わたしは睡眠に影響が出るので、本当は何杯も飲みたいところを、1日1杯と決めている。1日1杯しか飲めないことが、ますますコーヒーを飲む時間を特別なものにするのかも知れない。

 

そんな不思議な魔法の飲み物が入ったマグカップを目の前にすると、この1杯をだいじに飲もうという心境になる。

熱いコーヒーをすするように飲み始めて、ゆっくりと味わっていくうちに、だんだんコーヒーがぬるくなってくる。そうするとコーヒーのもつ苦味や酸味がより強く感じられる。最後にはすっかり冷めてしまっているのだけど、その味は最初の熱い一口と全然違う。

それもまたコーヒーの面白いところだ。

 

コーヒーを目の前にしたときから、飲み終わってカップを片付けるまでの時間が特別なものに感じられるのは何故だろう。

コーヒーのカフェインが、わたしを目覚めさせる

そしてコーヒーの持つあの苦味が、地味で退屈な日常生活とマッチする。つまらない日常生活を否定するでもなくわざとらしく肯定するわけでもなく、そっと共感して包んでくれるような、あの味。それが、コーヒーを求める理由なのかも知れない。

 

今日はカルディのドリップコーヒーを飲む。↓

f:id:missinglightblue:20180913185537j:plain