シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

「愛用しているもの」3つ書いてみました

お題「愛用しているもの」

 

自分の身の回りで「愛用しているもの」を考えてみました。

 

化粧品とか食べ物に関しては、効果ももちろん大事です。

でも、「評価の高さ」や「におい・見た目などの形式・表面的な部分」が、意外に大事だったりします。

結局そうゆう部分で、効いている気分になっているんだと思います。

 

いわゆるプラシーボ効果というものかなと思います。

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラシーボ効果placebo effect)、プラセボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある。原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感の方が目的となる事もあり、このような単なる安楽は通常偽薬効果には含まれないが、その区別が難しいこともある。

Wikipedia「偽薬」のページより引用)

 

この効用を「信じ込む気持ち」が実は一番効果をもたらすのかも・・・と思っています。

 

ユースキン VS ニベア

勝手にVSにしてしまいましたが、用法が同じこのふたつが家に共存しています。

ふたつとも長く販売されていて人気があり、なおかつドラストなどでお手頃に購入できます。

f:id:missinglightblue:20180930123105j:plain

 

でも時間が経過すると、家ではユースキンしか使っていないことに気が付きます。

わたしは手荒れがひどいので、ユースキンの黄色いメディカルな感じの色や、癖のあるニオイ、ねっとりしたテクスチャーが「効く~」って感じさせるのだと思います。

水仕事・手を洗った後、乾燥する兆候があるときは、すぐさま塗り込むようにしています。

 

口コミの評価も高いですよね。

夫にはニオイで不評。

そして職場などでほかの女子がいい匂いのハンドクリームとか塗っている傍ら、ユースキンを塗っているのもちょっと恥ずかしい。

でもめげずに使っています。

ミッフィーちゃんのパッケージで販売されていることもありますよね♪

 

なのに、なぜニベアも家にある確率が高いのか?

口コミの評価が高いことがあります。

以前とある年上の女性からも、「シワが消えた」とか、「すごくいい!」とか聞いたことがあります。

雑誌で壇蜜さんも使っていると読んだこともあります。

 

そして、パッケージが可愛いというのもあります。丸い缶に、あの青い色もすごくキレイです。

ニベアもユースキン同様、限定のデザインで販売されれます(ユースキンはミッフィーちゃんしか見たことないですが)。

そして、ニベア独特のニオイ、真っ白な色も好きです。

こうゆう理由から、やっぱりどうしても買ってしまいます。でも普段はユースキンのほうに手が伸びます。

じゃあニベアはいつ使うのか?

 

それは旅行の時です。

ユースキンは顔には使わないのですが、ニベアは顔・体に使えるので、荷物を減らす意味でも旅行の際はニベアと化粧水だけ持てばスキンケアは完了です♪

 

無印良品の化粧水

ネットを見ていると、この化粧水もなかなか使っている人が多いのではないかと思います。

f:id:missinglightblue:20180930123228j:plain

化粧水はいろいろなものを買ってきたと思います。高いもの、ドラストで買える安いもの・・・

でも結局コレに戻ってきてしまいます。

 

まず、コレを使ってかゆいとか、肌が荒れたとか、トラブルが起きたことはありません

さらに、このケルトン一色で統一されたボトルの見た目・無職の液体が、うるおいを感じさせます

 

さらにさらに、さらっとしたテクスチャーが使いやすいです。

とろっとしたテクスチャーの化粧水もたくさんあります。うるおう効果はあるんだろうなあと感じさせるのですが、ベタベタして結局使わなくなってしまうんですよね。

このさらっとした、水と同じようなさらっとしたテクスチャーがバシャバシャ使えて好きです

そのまま手で顔に押し込んだり、コットンパックにしたりと使い勝手もよいです

 

肝心の、潤うかどうか?よりも、以上のような理由で使い続けていると思います。

 

~番外編~ 愛飲しているもの・甘酒

愛用しているもの、ではなく「愛飲」しているものになってしまうのですが、見出しの数が足りないので番外編です(笑)

f:id:missinglightblue:20180930123530j:plain

 

ヨーグルトやヤクルト、ミルミル、豆乳・・・。美容や健康、腸活のために毎日飲みたい飲み物がだれにでもあるのではないでしょうか。

 

わたしはどうしてもヨーグルトが苦手で効果もそんなに感じられないため、ジプシー状態でした。

 

そして腸にもいいと聞き、甘酒にたどりつきました

甘酒は「飲む点滴」とも言われているようです。この「飲む点滴」というネーミングがすごくいい!!(笑)。

飲んでいると、「効く~♪」って気分にさせてくれます

決して美味しくはない、乳白色の見た目も、なぜか点滴っぽく感じます。

甘酒を飲み始めてから、ひどい便秘状態にはなっていないと思います。

 

そんなこんなでズボラなわたしも、甘酒は毎日継続できています。

ちょっと高いかなーって思うのですが、健康な体=未来への投資と思って飲んでいます。

 

 

【終わり】

こうして書いてみると、まわりの評判や見た目などに左右される自分はすごく単純だな~って思いました(笑)