シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

【中学聖日記】吉田羊が恋愛マスターレベル高すぎてうざい

中学聖日記(TBS)にはまってしまったわたしです。

 

このドラマの設定を何かで知ったときは、絶対見ないと思ってました。

さすがに中学生男子相手にというのはやばいっしょ、しかも相手の教師が有村架純なんてリアリティなさすぎっしょ!!

・・・と思ってました。

 

f:id:missinglightblue:20181102211700j:plain

 

 この枠のドラマは、ラッキーなことに「マツコの知らない世界」のあとに間髪入れずスタートします。

人気者マツコ・デラックスの番組のあとにCMのインターバル入れずにスタートするとは、かなり視聴率に効果があると思います。

わたしもその餌食になりました。

 

マツコの知らない世界」を見ていて、思わず観るつもりのないこのドラマが始まってしまったんですよねえ。

気づいたら10分、20分と時間が経っていて、完全にはまってしまいました(笑)。

 

意外だったのが、有村架純の存在感です。

これまで彼女の出演しているドラマは見たことがなかったし、女優というよりは可愛いいど真ん中のルックスを持つアイドルというイメージでした。

 

でもこのドラマを観て、ひたむきで印象的な演技をするなぁと思いました。

 

黒岩君を窓から見つめるシーンで、握った両手を窓枠に乗せていたのですが、この「手」が何故かすごく印象的でした。

乙女チックというか、ロマンティックな切ない雰囲気を、あの握って窓枠に乗せられた「手」から感じました。すごく不思議な感覚です。

 

そして彼女のひたむきな姿を見ていると、心から応援したくなります。

彼氏のご両親に自分の仕事について一生懸命語るシーン、夏木マリ演じる校長に話を一生懸命合わせる表情。

目を見開いて一生懸命語る姿、一生懸命話を合わせる姿、なんかひたすらひたむきさを感じます。

 

そんな完全に聖ちゃん目線のわたしの脅威となっているのが、吉田羊です。

なんか、見た目からして熟練感スゴイ。

肉食系の雰囲気強いし、パンチ力ある。

バリバリのキャリアウーマンながら、キレイでおしゃれで、恋愛経験も豊富そう。

しかも個性的なキャラクターで自分も持っている感じ。

そして聖ちゃんの婚約者・勝太郎(マッチ―さわやかでかなりかっこいい)にちょっかいを出し始め、だんだん本気になってきます。

 

この吉田羊のキャラクターは、まじで脅威でうざいです(いい意味で)。

 

ある程度年が離れている年下の勝太郎に対しても、積極的に近づいてきます。

その近づき方が憎らしいまでに上手なんです。

 

勝太郎の関心事=「聖ちゃん」について、いつの間にかさりげなくリサーチし、頼んでもいないのにアドバイス

人生の先輩である吉田羊の考え方・アドバイスは説得力があり、勝太郎にとっては自分の関心事、聖ちゃんのことなので、興味を持って話を聞かざるを得ません。

 

そしていつの間にか、勝太郎と二人きりで飲みに行く機会も増えます。

お互いの恋愛状況を把握したり、仕事の失敗を慰めたりと、交流するうちに理解を深め合っています。

 

そしてここが大事だと思うのですが、そうやって外堀を埋められていることに、勝太郎は気が付いていないんですよねえ。

勝太郎にとってはただのいい上司、そして自分に好意のようなものを持っていることは感じているのだが、自分には婚約者がいるので変な関係にはならないよう警戒している・・・。

吉田羊がホテルの部屋にさりげなく入ってきたときも、勝太郎は明るく追い返していたし、かなり誠実な婚約者だと思います。

でもそのバリアが解けたとき、自分は吉田羊とかなり近しい関係になっていることに気が付くはずです。

 

もう聖ちゃんとの状況についてはかなり密着して知られているし、分析されているし、吉田羊は聖ちゃんと面識まで作っている。

そしていつの間にか宣戦布告のようなこともしている。

そして勝太郎にとってよきアドバイザー、理解者というポジションまでは、確実に手に入れている。

なんか間違いでもおかしたら、アリかもよ!?って状況になっている。

勝太郎は警戒しつつも、そんなところまで攻め込まれていることは気が付いていないでしょう。

 

ものすごい相反するふたり。

有村架純演じる聖ちゃんのまっすぐさ、それゆえ自分をコントロールできない危なげな雰囲気。

そこに対立するのが、自分も勝太郎の関係もコントロールしまくりの年上の恋愛マスター・吉田羊。

年齢差もスゴイし、太陽と月のように正反対の性格。

 

そんなふたりに挟まれた勝太郎はどう対処するのか!?

中学生からかなり時間が経過してしまったわたしは、黒岩君と聖ちゃんの関係と同じぐらいもしかしたらそれ以上に、この三角関係がとっても気になります。

 

聖ちゃんと勝太郎、黒岩君の三角関係だけなら、まだ心穏やかにこのドラマを観ることができたでしょう。

その三角関係にとどまらず、こんなに濃いキャラクターがもう一つの三角関係を作っているのだから観ているだけでヒヤヒヤします。

 

そして、中学生の黒岩君というめちゃフレッシュな存在がいる一方、この大人の女・吉田羊がいることで、めっちゃ幅広い年齢層が作り出す恋愛模様になっています。

そこも面白いです。

 

絶対にありえない展開だけど、聖ちゃんと勝太郎に幸せになってほしいと願う、周りの目を気にして自分を抑えるダサいわたしなのでした・・・。

 

画像:

フリー写真素材ぱくたそ