ドラマちっくな人生

まあまあドラマ好き。

不覚にも【便秘】になってしまった時やってみること

食事や水分補給、睡眠、運動(ヨガ)など、いろいろ気を付けて日々便秘を防いで生きているわたしです。

それでも日々心掛けていても、どうしてもなってしまうことがあるんですよね・・・。

そうなるともうお腹が重くなって、ひいては体全体が重くなって、集中力も低下、気分もふさぎがちになる・・・という悪循環が始まります。

 

一刻も早くこの悪循環から抜け出したい!!

日々気を付けているのに、不覚にも便秘になってしまったとき。

そんなときやってみて、効果があったような気がすることを書いていきたいと思います。

 

ちゃんと眠れていますか?

不覚にも便秘になってしまったとき、見直してみる価値があるのが睡眠です。

いつもより、ぐっすりたっぷり寝た~!!という次の日の朝、便秘が解消された経験があります。

日々心も体も疲れて不眠がちになっていて、休日などいつもよりたくさん眠ることができたときなどに多いです。

さらに次のようなことを心がけたところ、睡眠が改善されました。

飲み物を見直す

カフェインの力を甘く見ていたわたしですが、コーヒーをはじめとしたカフェイン飲料の摂取に気を付けるようにしたところ、睡眠が改善されました。

疲れているのに目が冴えて眠れない・・・という方は、コーヒーをはじめとした飲み物の摂取量や摂取する時間に気を付けてみてください。

わたしはコーヒーは基本1日1杯、お昼までに飲むと決めてから、寝つきがよくなりました。

カフェインの効き目にも個人差がある気がしていて、わたしは敏感なほうなんだと思います。

生活自体を見直す

テレビ好きですか?

わたしは大好きです。ある時期までテレビ主体で、自分の生活が回っていたほどです。テレビに見入っているとお風呂の時間が遅くなり、それに伴って睡眠時間も削られる・・・という生活を送っていたことがあります。

勇気を出して、テレビと距離を置きましょう。

今はタイムシフト機能(過去のテレビをそっくりそのまま一定期間保存してくれる機能)がついているテレビもあるので、それを活用しましょう。

平日はご飯のときだけ観て、あとはテレビのスイッチを切るのも一つです。テレビを観ないことでできた空き時間を別のことに使えるという利点もあります。

その時間を温かい飲み物を飲みながら読書したり、ヨガをしたりして過ごすことでリラックスでき、寝つきがよくなるかも知れません。

 

ちゃんと食べてますか?飲んでますか?

やはり食べ物や水分補給は超重要です。

外食ばかりしていた時期があるのですが、その時は総じて便通が悪かったです。

便秘と無縁になるには、自炊するというのもわたしには欠かせないことです。

ちゃんと水、飲んでいますか?

お茶や炭酸水ではなく、水です。

それも1日にこまめに、多めかな?と思うぐらい摂取したほうがいいです。わたしはお肉を食べた後、便通が滞りがちなので水分をより多めにとるようにしています。

これはわたしが体で感じている推測でしかないのですが、便通がよくなるには「水」が不可欠なのだと思います。

なので緑茶や紅茶など、カフェインが含まれていると利尿作用があり、水分を体外へ排出してしまうため、水ほど便秘に対して効果がないのだと思います。

朝食にご飯を食べてみてください

これは個人的なことなのですが、便秘対策を頑張っても効果がない方は一度試してみてください。

わたしの個人的な体質だと思うのですが、朝食にご飯を食べるとその日の朝の便通がよいのです。

朝起きてコップ1杯の水を飲むといい、というのを聞いたことがありますよね?それは胃の中に重さを与えて、胃腸を起こすため、というのを聞いたことがあります。

わたしの場合、水1杯では足りないみたいです(笑)。

ご飯1杯食べて、やっと胃腸が起きて動き出してくれる感じがします。

 

腸の動きを促進しましょう

わたし自身、腸がかなりの怠けものだなあ、と思うことがあります。

どんなに努力しても、一度便秘になってしまうと、そこから抜け出すのに時間がかかってしまうこともあります。

そんなとき、「そういえば最近おなかをマッサージしてなかった!」ということに気が付きます。

文字通り、物理的に腸を刺激して、腸の動きを取り戻しましょう。

ぐ~、とか腸が音を立ててくれたらしめたものだと思います。

マッサージとかヨガとか・・・

過去の記事にも書きましたが、マッサージやヨガはやはり効果があります。

(↓過去記事) 

missinglightblue.hatenablog.com

 

ヨガは「胎児のボーズ」のほかに、「鋤のポーズ」や「肩逆立ちのポーズ」も効果があります。いずれもあおむけから、両足を持ち上げるプロセスがあるポーズで、おなかの動きを刺激するのだと思います。

このポーズをした後、腸が動き出す音がする確率が高いです。

 

終わり

便秘になるとメンタルにもフィジカルにも悪いことしかありません。

絶対悪で、絶対にやっつけたい一番の敵です。

この世に便秘に苦しむ人がいなくなればいい、ということさえ思います。

体質には個人差があり、世間一般の方法が自分に合うとは限りません。

ここに書いたことは科学的な根拠はわからないし、わたしの体感したことでしかありません。それでも便秘解消のためにお役にたてればいいなと思います。