ドラマちっくな人生

まあまあドラマ好き。

年末年始の負の遺産【便秘】を解消した意外なこと

便秘解消をライフワークとするわたしです。

 

年末年始の暴飲暴食・不規則な生活がたたりにたたって、久しぶりに頑固な便秘に陥ってしまいました。

 

これまで便秘を解消してきたさまざまなことを試せば、すぐに解消するだろうとたかをくくっていました。

 

ところが・・・

 

これまでわが経験によって蓄積してきた対策をを試しに試しても、一向に解決されないのです。

食べ物(長いも、白滝、わかめ、きのこ)、こまめな水分補給、朝ごはんにお米を食べる、規則正しい生活、マッサージ、ヨガ、腹式呼吸。冬の寒さで冷えているから、お風呂も忘れずに・・・

これでもかというほど、毎日、毎時間、毎分、毎秒、便秘のことを考える日々が続きます。

 

しかし毎日真面目に取り組んでいるのに、一向に解決されません。

次第に気分も塞ぎがちで、いろいろなことに対する意欲も消えてきました。

 

もう、だめなのかも知れない。

もう、あきらめよう、

もう、わたしの体は便秘になって、毒素が溜まってしまう運命なんだ・・・

そう思うと、本当に自尊心もなくなってきました(真剣)。

 

それでも、何とか諦めないよう、自分を励ます日々が続きました。

 

そんなときに何となく思ったのが、これまで来ていた朝のお通じ、ひいては「便意」がなぜなくなったのか?ということ。

 

ネットサーフィンで身に着けた知識によると、朝ご飯を食べると、胃腸で「ぜん動運動」なるものが起こって、便意を引き起こすらしいのです。

さらに、便意は緊張状態ではなかなか起きづらいようです。

最近の自分には、このぜん動運動が起きていない気がしました。

 

そして最近の朝の自分を具体的に思い返してみると、最近寒いがためにパンツ(ズボン)の下に薄手のレギンス(ももひき)を履いて、下半身はかちかちに締め付けられた状態でした。さらにこの状態で、正座して朝ご飯を食べてその後も正座した状態でメイクなどしていました。

下半身締め付けた状態で正座して、朝の時間を過ごしていたんです。何となく、ぜん動運動が弱まりそうな感じ。

 

もしかしてこれが下半身を締め付け、リラックスできない状態にさせているのかも知れない。

 

そう思いつき、パジャマでリラックスした状態のまま朝ご飯を食べ、出かけるギリギリまで下半身の着替えは待つことにしました。さらに正座はせず、ソファに腰かけたり体育座りで過ごしてみました。

 

朝ご飯を食べて40分後ほど経ったその時・・・

来ました!!

便意が起こってくれました!!!

この対策を試した当日に、すぐに効果がありました。

待ちに待っていたその瞬間が、やっとやっとやってきてくれました。

この時頭の中では音楽が鳴り響き、天にも昇る気持ちになりました。

 

要約すると便秘解消のための対策として、以下のことを発見&再認識しました。

 

  1. 頑張って早起きする(朝ご飯を食べ、その後30分以上リラックスできるのが理想的)、
  2. 朝起きたらコップ1杯の水を飲む、
  3. 朝ご飯はちゃんと食べる(量もある程度ちゃんととったほうが、胃腸が動き便意が起こりやすいと思う、お米がおすすめ)、
  4. そして朝ご飯の最中と朝ご飯後、便意が起こるまでの間は正座をしない
  5. さらにそのとき、下半身やお腹まわりを締め付けるような服装は控える

 

・・・ぜひお試しください。