オーマイレディオ!!

小さい頃の夢はラジオDJでした。好き勝手におしゃべりする雑記BLOGです。

おすすめ海外ドラマ/【reven8e】(リベンジ)は最高

女性が主人公の海外ドラマ」が好きなワタシです。

(好きな海外ドラマ:「アリーmyラブ」「私はラブリーガル」「プリティ・リトル・ライアーズ」「デスパレートな妻たち」「デビアスなメイドたち」)

 

アマゾンプライムにて【reven8e】(リベンジ)を観終わりました(プライム会員なら今フリーで観られます)。

あらすじを見てなかなか面白そうなドラマだし、主人公のヒロインも可愛いし、と軽い気持ちで見はじめたのですが・・・。

 

マジで最高傑作でした・・・

 

おススメポイントは、「スタイリッシュでセレブな世界の中でヒロインの超ストイックな復讐劇に魅せられてしまう」ところ。

コメディ的な要素や明るさはほぼ皆無なのですが(といっても、アメリカ特有の皮肉っぽいブラックジョークはもちろんあります)、その分洗練されたおしゃれな世界観が広がっています。

 

ヒロインが魅力的過ぎる

このドラマのヒロイン・エミリー・ソーン(本当はアマンダ・クラーク)を演じるのは、Emily Vancmapさんというカナダ出身の女優です。

 

このヒロインが、本当に魅力的なのです。

 

はじめは普通に可愛い人だなくらいにしか思ってなかったのですが、見るたびにその魅力にハマってしまいました。

見た目はすごく可愛らしく、清楚さもある方です。スタイルもめちゃめちゃいい!

 

でも、それだけではないんです。

この主人公は別人に成りすました主人公が復讐をするというすごく難しそうな役なのですが、それを見事に演じ切っています。

 

常にポーカーフェース。

頭脳明晰で心理戦にも強く、計画を完璧に実行するために常にクールなのです。

彼女がリスクをクリアしながら、難しい計画を実行し成功する姿は痛快です。

 

かと思えば時折感情を爆発させて怒ったり、泣いたり。

そして物語が進むにつれ、どんどんエミリーの人間らしい姿が見えて来たり。

 

主人公エミリーの魅力と、女優Emily Vancmapの魅力が見事に融合。

それはこのEmily Vancmapがそれだけ女優として演技に長けているということでしょう。

 

さらに特筆すべきはアクションシーン。

エミリーは頭脳明晰なだけではなく、自らも修行によってタフな武術を身に着けています。

このドラマではエミリーのアクションシーンは日常茶飯事で、しかもめっちゃ激しい(笑)。男性相手に殴るわ蹴るわ、しまいには刀を使ったりも(師匠が日本人)。

 

顔に怪我を負ったり、鼻血を出したりもアリ。

日本でそんなことできる女優さんってなかなかいないですよね・・・。

女優魂をひしひしと感じました。

 

納得感のあるラスト

このドラマは小説モンテ・クリスト伯(日本でもおディーン様主演でドラマ化)をベースにしているようです。

過去に自分や家族を貶めた人たちへの復讐劇で、毎回ハラハラしながら見ることができます。

 

復讐は確かにいいこととは言えないのですが、主人公エミリーの動機はあくまでも純粋で、いつの間にか彼女の成功を願わずに見ることができなくなっていきます。

 

4シーズン通して「ん?」という展開が全くないわけではないのですが、最後まで見てよかった~、と思えるラストでした。

このドラマと主人公にふさわしい終わり方で、最後まで観終わったときは充実感・納得感を持つことが出来ました。

 

ゴージャスでスタイリッシュ過ぎるセレブの世界

ハンプトンというセレブの町が舞台になっているこのドラマ。

建物やインテリア、そして服装やメイク、イベントやバーティなど、豪華なセレブの世界が思う存分楽しめます!!

 

主人公のエミリーを筆頭に、復讐相手のヴィクトリアやその娘のシャーロット、そしてシーズン途中で登場する女性たちのそれぞれの美しさや、ドレスの着こなしなどのファッションを見るのもとても楽しいです♪

 

セレブの世界なので、ドレスやワンピース姿が多いですし、アクセサリーやヘアスタイルなどもそれぞれの女性たちのスタイルがあり、楽しめます。

 

そしてそういった意味でも、Emily Vancmapの魅力を感じられます。華やかさがあって可愛いのに、品の良さや清楚さ、さらにはエネルギッシュな強さも感じる。

本当に魅力的な女優さんです♪

 

魅力的なメンズが多すぎる

エミリーは自ら計画した復讐劇をストイックに実行していきます。他人には心を開かず、信用もせず、あくまで単独行動。

 

そのはずが、彼女を守りたい!、と願う男性たちがどんどん周りい増え、いつのまにかチームになっていきます(笑)。

 

エミリーは決して男性に媚びているわけではないのに。そこが逆に男性たちに行動を起こさせるのかも知れません。

なのでエミリーは男性に囲まれ、紅一点になることが多いです。

 

IT界の天才・ノーラン、エミリーの幼馴染のジャックを筆頭に、シーズンを追うごとにさまざまなイケメン男性たちがエミリーに協力します。

(ジャックは最後までどこかあか抜けない(笑))

 

特にシーズンを通してのノーランとのコンビは最高です。

 

ノーランは天才的なIT技術を持っており強力な味方なのですが、どこかミステリアスでつかめない人物です。

頭はとってもいいのですが、バイセクシャルで美男美女にめっちゃ弱い(笑)。

その惚れっぽさが命とりになってしまうことすらあります。

 

そんなノーランとエミリーが最初はお互い疑心暗鬼になりながらも、時間が経つごとに友情をはぐくんでいく姿は感動的です。

 

ちなみにシーズン4に出てくる警察官・ベンが私の中では一番お気に入りです。男らしくて、タフでめっちゃかっこいいです。

 

終わり

実はこのドラマのシーズン1には真田広之さんが出演されています!!しかも結構重要な役どころで、エミリーとのシーンもたくさんあります。

 

ですが、シーズン2以降、その役はケイリー=ヒロユキ・タガワさんという全くの別人が演じているんですよね・・・(見た目のギャップがかなりデカい)。

 

本当に見どころ満載、特にヒロインが頑張る姿が見られる、おしゃれな海外ドラマが好きな方は必見です。