ドラマちっくな人生

まあまあドラマ好き。

【アリバイ崩し承ります】もっと悪い成田凌が見たかった!

何話目かは忘れてしまったが、最後のシーンで安田顕の背中を疑いを持って見つめる、成田凌の悪そうな表情がとても印象的だった。

 

何かが始まる予感をさせるぐらいの、いい表情だった。

 

このほのぼのとしたコミカルなドラマに、ピリッとした緊張感を与えてくれる何か―。そうゆうのを期待させられた。

 

例えば、トキノ(浜辺美波)にアリバイ崩しをしてもらっているという秘密を持つ安田顕と、その秘密を暴こうとする成田凌とのマジな攻防戦。

 

トキノのアリバイ崩しというこのドラマのテーマの裏で、秘密を暴こうと裏で画策する悪い成田凌の姿も同時進行で描いていく―。

 

これがあればもっとドラマがコミカルとシリアスというコントラストを持ち、面白くなったかも知れない。

 

トキノと安田顕演じる刑事との間の秘密が、このドラマのストーリーの軸になっている。絶対に守りたい秘密だ。

 

それがバレるか・バレないか、というハラハラする視点が、このドラマをもっと面白くする要素になっている。それをもっと効果的に使えたはずだとも思う。

 

成田凌は演技力も高く悪い役をやらせたら、いきいきしそうだし、このドラマで秘密を揺さぶる悪役として、もっと暴れて欲しかった。

 

浜辺美波と、安田顕をはじめとした人気も実力もある俳優陣で、そうゆう平和と悪の攻防戦があり、コミカルとシリアスのコントラストのある、メリハリのあるドラマが見たかった。もっと面白くなる可能性を秘めまくっていた。

 

だた原作があるドラマなので、その世界観を壊せないのかも知れない。

 

そしてこのほのぼのとした平和で、可愛らしい雰囲気がこのドラマのウリでもあったのだろう。コミカルな演出が細かくちりばめられていて、出演者全員の演技も上手で面白かった。

 

それでも、面白かったからこそ、これだけ人気と実力を兼ね備えている俳優陣が集まる中で、どこか勿体ない・・とちょっと思ってしまうのだった。