シロとクロとその間の世界

雑記BLOG/趣味のない転勤族妻が生活に楽しみを見出すために書く/健康になりたい/ドラマ好き/英語勉強中

【私はラブ・リーガル】日本版キャストを妄想する ~男性編~

「私はラブ・リーガル」の日本版キャストを勝手に妄想しています。

 

改めてこのドラマを振り返ってみると、女性が強いドラマだなあと思いました(笑)

女性のメンツを観ると一人一人がめっちゃ弁のたつ人々で(弁護士事務所の人が多いから?)、男性の存在感があんまりない(笑)のです。

 

そんな女性たちに押されまくっている男性キャストを妄想してみました。

 

f:id:missinglightblue:20181009164443j:plain

 

デビーの元婚約者・グレイソン:高橋一生

この配役が一番難しかったです。

このグレイソンという役は、美青年&モテ男です。さらにデビーをずっと思い続ける、一途で善良な青年で、かつ癖のない役どころです。

 

この「癖のない」役というのが、実は一番難しいキャスティングだと思いました。

 

20~30代で美青年&モテ男という点で、かっこいい俳優なら山ほどいます。

ただ美青年でも個性が強すぎたり、サイコっぽいというか影が感じられる独特な雰囲気を持っていたり、見た目迫力があり過ぎたりと意外と「癖がスゴイ」人が多いんですよね。

スタンダードな癖のない美青年を演じられる俳優さんというのは、意外に少ないなあと思いました。

 

ほかに思いついたのは、妻夫木聡さん、松坂桃李さん、山崎賢人さん、です。

三人とも美青年&癖のない条件をクリアしていると思います。

 

今まで松坂さんがドラマや映画に出まくっている理由がいまいちわからなかったのですが、よくわかりました。「普通の青年像」にぴったりなんですよね。

さらに演技力があれば役柄の個性は演技で出すことができるので、作り手側からすればいろんな役が演じられる、本当に使いやすい俳優なんだと思います。

ただ松坂さん、山崎さんはちょっと若いかな~と思ってしまいました。

もうちょっと落ち着きがあってもいいかなと思いました。

 

高橋一生さんはどちらかというと、カメレオンタイプというか、いろんな役に化ける俳優さんです(「民王」の貝原という役がかなりハマっていたと思います)。実は凶悪犯だったというパターンの役もありました(「相棒season4」)。

 

そんな高橋一生さんに「癖のない普通のかっこいい人」を演じてみてほしいし、ハマると思います。

(高橋さんの出演作品をぜんぶ見ているわけではないので、すでに演じている可能性もありますが (^-^;・・・そういえば声優としては「耳を澄ませば」で、癖のない美青年を演じていますね。)

 

また癖のない普通の人の役ではあるのですが、モテ男という花形的役割はあるので色気のある高橋さんを選びました。

ルックスの良さは保証済みですし、スーツ姿もばっちり似合います。 

 

ジェーンの上司・パーカー:堤真一

ジェーンが務めている法律事務所のトップです。

軽くて女癖も悪いが、仕事に関しては冷徹です。「アリー・my・Love」のリチャードにもちょっと似ています(リチャードほど軽くはありませんが)。

 

このパーカーは女性にとってなかなかの曲者です。

社内恋愛しまくりで、キムとも関係を持ち、依頼人であるデビーの母にも手を出します。

そして元カノと再会し、二人の間の息子を出産していたことが判明します。息子との連絡は保ったまま、キムと復縁。さらにキムはパーカーの子供を妊娠し、二人はハッピーエンドかと思いきや、パーカーは元カノと息子の元へ去ってしまうのです(俳優さんのスケジュールの都合でこんな展開になってしまったのかも知れませんが)。

なんとそのままドラマからもフェードアウトしてしまい、残念でした。

 

この「軽くて女癖の悪い大人の男」は堤さんのコミカルな演技や、セクシーさもある大人な雰囲気がぴったり合いました。

docomoのCMのイメージに近いかも知れません(もう変わっちゃったけど)。

いろんな女性と関係を持つ、だらしない役を演じる堤さんも見てみたいです。

 

ジェーンの元カレ&ステイシーの夫となる元検事であり弁護士・オーウェン谷原章介

ドラマの途中から登場するオーウェンです。

 

包容力がありロマンチストで、ジェーンとのカップルはなかなかお似合いだったと思います。残念ながらジェーンと別れた後ステイシーにひかれていき、最後には二人が結婚しパパとママになります。

またオーウェンはもともと検事としてジェーンと出会うのですが、パーカーが去った後は弁護士として事務所の代表にもなります。

 

オーウェンもふくよかな体形をしています。ジェーンははじめオーウェンが自分と付き合っているのは、体形が似ているからなのかと悩むときがありました。

なのでこの役もふくよかな体形である必要があります。

 

ふくよかな体形の俳優さんってなかなかいません。この配役も難しかったです。

太っている演技の上手な芸人さんもいいかと思いましたが、ジェーン役の渡辺直美さん(わたしの妄想の中で)も芸人で、恋人役も芸人だったらさすが絵的ににおかしいかなあと。すぐに別れるカップルならいいかも知れませんが、結構長く付き合ってたし。

 

谷原さんは決してふくよかな体形ではありませんが、ガリガリっていうわけでもありませんので、そこは許容範囲としました(笑)。

オーウェンの包容力がありロマンチストというところが、谷原さんの持つソフトで優しそう、かつ落ち着いた雰囲気にぴったり合います。

 

守護天使1・フレッド:瀬戸康史

守護天使にこれほどぴったりな俳優がいるでしょうか。

「私結婚できないんじゃなくてしないんです」でも、「フェアリー諒太郎」って呼ばれてましたよね(笑)

フレッドの可愛らしい中性的な雰囲気にぴったりです。

 

可愛いながらもジェーンがグレイソンに自分がデビーだと告白しないよう、厳しく見守るという役割も持っています。

また守護天使であるため恋愛経験に乏しいのですが、ステイシーに恋愛感情を持ってしまい戸惑うところも可愛かったです。

 

守護天使の中では一番登場時間も長く、役割もしっかり果たしていると思われます。

そんな可愛くて真面目なところが、瀬戸さんにぴったりだと思います。

 

守護天使2・ルーク:成田凌

守護天使の役はドラマ全体を通じて交代を繰り返し、全部で3人います。

そして徐々に頼りがいがなくなるというか、ジェーンに対する干渉が少なくなっていく印象があります。登場回数も減っていったような気がします。

 

ルークはフレッドに比べると知的で冷酷な守護天使でした。

ジェーンはフレッドに友情を感じていた分、最初ルークには冷たく接していました。むしろ敵視していました。

ルークは守護天使としての役割を果たすため、ジェーンの職場に出資者として居座り監視するようになるのですが、そのセレブっぽい雰囲気が出資者という立場にマッチしていました。

 

セレブっぽい余裕を感じさせる雰囲気、賢そうな(実際賢い)ところなどが、成田さんに合いました。悪く言えばちょっと軽そうな雰囲気もいいです。

ちょっと若すぎるかなあとは思いましたが、自分的には気に入っているので良しとしました(笑)。

 

守護天使3・ポール:小島よしお

これは100%見た目で選びました(笑)。

筋肉ムキムキなところ、頭のかたちなどなんとなく似ていると思います(もちろん実際の俳優さんのほうが、ずーーーーーっとイケメンです!!)。

明るく陽気なところもあり、芸人が演じてもいいかなと思いました。

キムのためにベビーカーを拝借してきたエピソードが面白かったです。知的とは言えないキャラクターなのですが、ハートフルで意外に役に立つ人物という印象があります(笑)

 

【終わり】

以上、勝手な妄想を繰り広げさせていただきました。

男性・女性通して一番気に入っているのは、「グレイソン役=高橋一生」でしょうか。

 

このドラマのラストシーンで「デビー」と「グレイソン」の2ショット写真が映し出されるところがあります。その写真を改めて見て、2人はとても愛し合っていたし可愛らしいカップルだったんだなあと思い泣けてきました。おじいさんとおばあさんになっても、仲睦まじく暮らしていそうな感じです。

そんな2人が最後に全く違う姿になってしまうのですが、それでも愛を貫き通したという終わり方に感動しました。

 

そんな可愛らしいカップル「デビー&グレイソン=佐々木希高橋一生」というのも、我ながらなかなかいい配役と思います(笑)(間違っても渡部を選んだりはしません)。なんともルックスレベルの高いカップルになりました。

ちなみにグレイソンはキムと付き合っていた時期もあるのですが、わたしの配役だと「沢尻エリカ高橋一生」というこれまたルックスレベルの高いカップルになりました。 

 

画像:フリー写真素材ぱくたそ